タンパク質が多い飲み物|肉や魚、多く含まれる安い食品を紹介!

MENU

タンパク質が多い飲み物は何?

ダイエットや栄養不足の方におすすめされやすいものは、タンパク質が多い飲み物です。

 

タンパク質は豊富な栄養を含んでいるので、体調不良や仕事多忙などで食事がろくに摂れない方が、手軽に時間をかけずに飲める万能な飲み物です。

 

では、タンパク質が多い飲み物とは何が有名なのでしょうか。タンパク質が多い飲み物と言って、大抵の方が真っ先に頭に浮かぶのが豆乳、プロテイン辺りでしょう。

 

実際これらは相当多くの栄養素を含んでおり、固形物が摂取出来ない方でも飲む事が出来ます。

 

プロテインは筋肉トレーニングにも効果があると知られているので、スポーツ前後や途中に飲む方が多いのですが、注意しなければいけないのは、プロテインを水分代わりに兼ねて飲むのは避けましょう。

 

あくまでプロテインは栄養摂取が目的なので、水分を摂る場合はお茶やスポーツドリンクを飲むべきです。豆乳は栄養が豊富なだけでなく、疲労回復効果があります。

 

更に効果を高めたい方は、クエン酸が含まれるオレンジジュースを同時摂取する事により、相乗効果で回復効果が増します。他にも牛乳を飲んでタンパク質を摂取する方法もあります。

 

値段もお手軽でどこでも手に入るので購入に悩む事はなく、アレルギー持ちやお腹を壊しやすい方以外なら多めに飲んでも問題はありません。

 

 

 

タンパク質の含有量が多いのは、肉・魚・大豆!

タンパク質は、炭水化物・脂肪とともに、三大栄養素の1つです。炭水化物や脂肪は、主にエネルギーとして消費されるのに対して、タンパク質は、体中の筋肉や臓器、血液など、文字通り、血肉となる栄養素です。

 

そのため、ダイエットのために摂取カロリーを減らそうと、肉や魚など含有量が多い食品を控えていると、体の機能が衰え、体調不良の原因ともなります。

 

また、タンパク質が不足になると、筋肉が減少するため、基礎代謝が減ります。カロリー摂取を控えているのに消費エネルギーが減らず、ダイエットには逆効果になることもあります。

 

タンパク質の含有量が多い食品としては、先に挙げた肉や魚の他、大豆があります。肉や魚は動物性タンパクのため、これらの食品ばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。

 

大豆は、高品質な植物性タンパクの含有量が多い優れた食品です。また、大豆そのものだけでなく、豆腐や揚げなど、大豆の加工食品にも植物性タンパクが豊富に含まれています。

 

ダイエットでは、肉や魚を主菜として動物性タンパクを摂取しつつ、さらに、低カロリーで植物性タンパクが豊富な大豆や大豆製品を副菜に採用して、さまざまなタンパク質をバランスよく採ることが重要です。

 

 

 

タンパク質の多い安い食べもの

ダイエット目的や筋力アップのために必要な栄養素は、タンパク質が主にあげられます。タンパク質が多い食べものとしてあげられるのが、お肉の赤みや、ささみ、卵の白身です。

 

中でもささみと卵は安いので、手軽にたくさん入手でき、ダイエットや筋力アップを目指している方の強い味方です。しかし、タンパク質が多い上に安いという安易な理由で、卵ばかり摂取しないように気を付けましょう。

 

卵は確かにタンパク質は豊富ですが、それはあくまでも卵の白身に含まれる成分ですので、黄身も同じように摂取してしまうとコレステロール値が高くなり危険です。

 

ゆで卵にして食べるなら、黄身は1日にひとつかふたつまでと決め、もったいないですが処分するようにしましょう。

 

次にささみです。ささみは安い上にタンパク質が多いため、ダイエットする人の強い味方です。

 

ほぐしてサラダの上に、棒々鶏に、シソと梅肉を中に挟んで焼いたりするのもいいですし、下味をつけて焼けば、食べごたえのあるチキンステーキとしても美味しいです。

 

ダイエット中はどうしても油ものが食べたくなってしまうので、その時は油ののったお肉の代わりにささみを使って唐揚げにしたりチキン南蛮にしたり、少しだけ工夫することによりダイエットの強い味方になります。

 

 

 

筋肉の主成分であるタンパク質が多い食品は何?

タンパク質は色んな食材に含まれていますが、その多くは牧畜系の動物や水中の動物から頂く動物性の食品です。これら動物から人間が頂くものは肉・臓器・卵・乳などで、部位や種類によってタンパク質の含有量は違います。

 

最も豊富に含まれている食品は、以外かもしれませんがシラス干しです。半乾燥タイプが特に豊富で、100グラムあたり40.5という驚きの高さ!

 

ダイエットや筋肉増強時に適している食品として鶏ささみが有名ですが、鶏ささみは100グラムあたり23.0なので、半乾燥タイプのシラス干しは、鶏ささみより倍くらい高いということになります。

 

鶏ささみよりタンパク質の量が多い食品には、シラス干しの他にイワシの丸干し・生ハム・ハマグリの佃煮・イカ焼き・イクラ・スジコ・牛肉の筋又は腱の部分・カツオなどがあります。

 

基本的に、赤身の魚や魚卵系は多いです。また、イカにはタンパク質の他にタウリンと呼ばれる疲労回復効果のある成分も存在するため、体力増強時に最適です。

 

食品によって100グラムでどのくらいの量になるかが異なりますが、1つで重量が多い食品の方が取り入れやすいです。

 

一般的にシラス干しではなく、ささみが選ばれている理由は、重量と含有量の関係・値段的な問題・調理レパートリーの広さにあるといわれています。

 

 

 

肉類を摂取したときは同時に果物も

筋肉をつける栄養素の代表格と言えるタンパク質は、筋力アップだけではなく、ダイエットにも非常に有効な栄養素としても知られています。そして動物性と植物性の2種類があり、前者は肉類や魚類、後者は豆類が代表格です。

 

筋肉をつけるという意味では動物性が多いので有効とされていますが、こればかり摂っていると体調が悪くなったり、体臭が臭くなったりすることがありますので、バランスよく摂取することが大事です。

 

というのも、タンパク質の摂り過ぎによる消化不良は、腸内での悪玉菌を増やし、生活習慣病やアレルギー、多発性硬化症といった病気の原因となり、強力な発ガン性物質になってしまうからです。

 

消化不良を改善するためには、タンパク質を分解し、消化を助けてくれる酵素が多い果物を同時に摂取すると効果的とされています。特に消化を助けてくれる酵素が多いとされている果物に、キウイが挙げられます。

 

特有の成分であるアクチニジンがタンパク質の分解を促す働きがあり、摂取することで肉や魚のタンパク質が分解されやすくなります。また、小腸の吸収力がアップする効果も期待できます。

 

その他、疲労回復や貧血予防にも役立つとされており、肉類で筋力アップし、キウイなどの果物で疲労回復といったイメージでの摂取が、体にとって理想的であると言えます。

 

 

タンパク質と筋トレ

タンパク質が多い飲み物や食品などを紹介しましたが、いかがでしたか?

 

筋トレなどをして筋肉をつけるのにも、タンパク質は効果的と言われます。ただ、筋肉をつけるのに効果的なのはこれだけではありません。

 

筋肉サプリというものも最近は人気が出てきています。詳しい情報はここで紹介するサイトを訪ねてみてください。